MRI検査

筋腫の状態を正確に診るため、MRI検査をしてきました。

病院の奥に検査室があって、

そのは初めて立ち入る場所。

廊下に道しるべの矢印があるんだけど、

途中まで霊安室と一緒で、どこまで行ってしまうんだろうとドキドキ。

無事たどり着き、名前を呼ばれるまでドキドキ。

何度も何度もトイレに行ってしまった。

名前を呼ばれ、更衣室で着替えてまた待機。

その間も不安で尿意が激しくなって、

看護士さんに「検査前にトイレに行きたい旨を伝える」

優しく了解してもらい、検査前にもう一度搾り出してきたはずだけど、

台に乗るなり、また尿意が…。

しかもすごく重いベスト(?)みたいなのを着せられて、

お腹を圧迫するので、更に尿意が…。

でも、15~20分で終わるので、我慢してくれと言われ、我慢することに。

寝るだけでいっぱいいぱいの細い台に寝そべって、

ベルトでお腹周りなどを固定される。

そしてヘッドフォンを装着。

ヒーリング音楽が流れ、いざ検査開始。

目をつぶっているので、何が起きてるのかわからないけれど、

ドッドッドッとかなり大きな音がして、トンネルが自分の上を前後しているよう。

撮影中は絶対に動かないように指示されるものの、

撮影と撮影の間は小休止。

ベルトで固定されているので大きな動きは出来ないけど、

手足をほんの少し調整することは出来ます。

検査が終わり、台から降りる時にめまいを起こしてよろけたけれど、

トイレも我慢できたし、思ったほど怖い検査ではありませんでした。

ウチは使わなかったけど、造影剤を使うこともあるみたい。

それには多少の副作用があるみたいなんだけどね。

MRIについて、詳しくは下記リンクを見てみてください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/MRI  (ウィキペディア)

画像は、次回検診に受け取る約束をして、帰宅。

受付から1時間ちょっとで済みましたよ。

思ったより早く終わりました。

ブログランキングに参加しています
\是非クリックして応援してください/

にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
めばえるブログ - にほんブログ村
Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook
Share on pinterest
Pinterest
アーカイブ
contact

\ご依頼・お問合せはお気軽に/

じっくりご検討ください

footer

フリーランスイラストレーター M@R/めばえる のインフォメーションサイト。

児童書 保育 教材 実用書 福祉 わかりやすい 親しみやすい イラスト 子ども かわいい テントウムシのサンバ  LINEスタンプ MaR