考える。

5日は月一の検診でした。

一応、血液検査をする予定になっていたので、

先に採血をしてから産婦人科へ。

先月半ばに、風邪で内科を受診した際、

風邪よりも貧血の治療を勧められ、

半月ほど鉄剤を服用しての受診でした。

結果、数値も上がってきているし、

このまま飲み続ければ問題ないだろうとのこと。

但し、「手術時に貧血の数値が11まで回復しないと

手術をすることが出来ない。月経過多、不正出血もあるので、

念のため、リュープリンを 打ってはどうか?」と提案されました。

リュープリンは、擬似閉経状態にする注射で、

副作用として更年期障害のような症状が出るそうな。

担当医曰く、ほてり、のぼせなどの症状が出るが、

それを理由に注射を受けないというほどのものではないとのこと。

でも、mixiなどの体験談を見ると、生理が止まらなかったとか、

むしろ量が増えたとか、そういう話もあるようで…。

ウチの場合、筋腫を小さくするのが目的ではなく、

生理を止めて、貧血の進行を止めるためなので、

もし、更に出血が増えるなんてことになったら意味がないわけで…。

正直注射も高いのだ。

1本1万~するらしい。

手術までに2回接種の予定で、

生理は本来術前までに2回来る予定のものを1回で済むようにするらしい。

うまくいけば、最後の1ヶ月は鉄剤を飲まなくてもよくなるかもって。

それはとっても魅力的☆

でも、どうしようかなー。

手術延期は避けたいし…。

悩めるのはあと4日。

むむむ・・・。

ブログランキングに参加しています
\是非クリックして応援してください/

にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
めばえるブログ - にほんブログ村
Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook
Share on pinterest
Pinterest
アーカイブ
contact

\ご依頼・お問合せはお気軽に/

じっくりご検討ください

footer

フリーランスイラストレーター M@R/めばえる のインフォメーションサイト。

児童書 保育 教材 実用書 福祉 わかりやすい 親しみやすい イラスト 子ども かわいい テントウムシのサンバ  LINEスタンプ MaR