転院してみたら…

転院先は近所では一番大きい総合病院。

担当になったのは、ウチよりも若いんじゃないかな?

という感じの男の先生。

一応簡単な触診と超音波で現状を見て、

MRI画像と紹介状を照らし合わせる。

そして言われたのが、「子宮全摘を希望してるの!?」

かなり驚かれて、ウチも驚いた!

そして「30代で全摘は、一般的じゃないよ」と。

なんとなく、ウチから希望したように思われている感じがあったので、

前医から薦められたこと。

その上で夫婦で話し合い決めたことを説明した。

でもやっぱり、担当医は手術をしない方向での説得をしてくる。

この年代だと、これから第一子を作ろうとする人が多い時代、

今後二人目を希望しないとも限らないし、

焦って手術をする必要はないんじゃないか。

40過ぎて、やっぱり子どもはいらないわ、ってなってから

全摘をするんでもいいんじゃないかという。

前医は全く逆のことを言っていて、

もし今40代であれば、あと10年程度のことだし、

手術をするしないは本人に任せるが、

30代の今、これからの長い生理人生、

どんどん症状の出てくるものを残さなくてもいいのではないか…と。

もしかしたら、前医は女性だったし、

男女で見解の差はあるのかもしれない。

症状のあるなしに関わらず、女性だったら生理をわずらわしく思った経験は、少なからずあるだろう。

ウチも独身時代から生理痛が激しくて、

初日~二日目は痛み止めも効かず、のた打ち回っていた。

毎回と言っていいほど、痛みで吐いたりもしていた。

仕事も休まなくてはいけなかったし、

勤務中に生理になってしまった時には、救急車で運ばれたりもした。

そんな経験から、毎月生理がくるのが怖かったし、

生理一週間前辺りから、ダルさや腹痛があったのでそれも憂鬱だった。

いざ子どもを作る時にだけ、生理が来るように出来ればいいのに…

と、常々思っていた。

手術を勧められたときには、正直戸惑ったけれど、

全摘をするメリットも見えてきて、

自分としては手術をする意思を固めての転院だっただけに、

なんともスッキリしないものだった。

手術は怖いし、しなくていいなら避けたいけれど、

生理前後の体調不良や過多月経を考えると、

一時の我慢でその後が解消されるなら、その方が自分にとっては有意義だと思う。

とりあえず、担当医は手術の予定を6月に入れた上で、

「手術はキャンセル出来ます。ギリギリまで考えてください」と告げた。

ブログランキングに参加しています
\是非クリックして応援してください/

にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
めばえるブログ - にほんブログ村
Twitter
Facebook
Pinterest
アーカイブ
contact

\ご依頼・お問合せはお気軽に/

じっくりご検討ください