粘膜下筋腫発見!

最初に筋腫が見つかったのは、平成20年の10月。

不正出血が続くので、婦人科を受診したことから。

発見時は、3センチ。

大きさもまだ小さいし、症状もひどくないので、

半年に1度検診をして、経過観察をするということに。

それまでは筋腫を持っているといっても、

症状があるくらいでそんなに気にしていなかったんだけど、

発見から1年後の平成21年冬、5センチ大に。

成長も早く、生理がある以上は進行していくものだし、

過多月経などの症状もあることから、手術を勧められる。

手術の選択肢は2つ。

子宮を残し、筋腫部分だけをとる方法。

これは、今後妊娠を望む場合には有効だが、

手術の際の出血が多くなることと、再発のおそれもあるとの事。

もう一つは、子宮全摘出。

子どもは授かれなくなるが、

どちらかといえば手術自体のリスクは少なく、

物理的に子宮に由来する病気にかかる心配はなくなるとの事。

卵巣が残っていれば、ホルモンバランスが崩れることもなく、

特に支障はないそうだ。

手術をせずに、このまま温存する選択も出来るが、

担当医としては、どちらかの手術を勧めるという。

特に子どもを望まないのであれば、全摘がいいのではないかと。

日本人の閉経の平均は50歳。

あと、20年生理があるとして、この20年を快適に過ごすためにも

手術は有効との事。

今まで手術なんて事は全然頭になくて青天の霹靂。

割と冷静に先生の話は聞けたけど、

帰路を辿るうち、少しずつ現実味を帯びてきて、

胸と頭がモヤモヤぐるぐるしてきた。

どちらにしても自分ひとりでは決められないので、相方に相談。

その後のことは、また後日。

ブログランキングに参加しています
\是非クリックして応援してください/

にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
めばえるブログ - にほんブログ村
Twitter
Facebook
Pinterest
アーカイブ
contact

\ご依頼・お問合せはお気軽に/

じっくりご検討ください